写真に位置情報(ジオタグ)を追加する方法

Apple

普段写真を取る際には、 iPhoneやコンデジを使用していますがiPhoneは家で取ることも多いので普段はGPSとの連携をしていません

旅行先で、GPSとの連携をするのを忘れてあとで「あっ」と思うことも少なくないとおもいます

そんな時のために後で写真に位置情報(ジオタグ)を付ける方法を紹介します

まずは位置情報の取得から

写真に位置情報を付加するためには、その場所の緯度・経緯を知る必要があります

そのために便利なのがGeocdingというサイト

こちらで写真を撮影した場所を調べます

ここでは「博多駅」を検索してみました

画面中央に、座標として緯度・経度が表示されているのが確認できます

今回、「博多駅」というメジャーなスポットを検索しましたが、検索できないような場所でも地図をドラッグして、画面中央の赤丸を該当スポットへ合わせるとその場所の座標を確認することができます

位置情報の追加

さて、位置情報の追加ですがMAC純正アプリ「写真」で行うことができます

写真を選んで、写真の情報を見ます

一番下に、「位置情報を割り当てる」という項目がありますので、先程の「Geocoding」で調べた位置情報をコピペします

すると図のように位置情報が追加されてます

「博多駅」なのになぜか「ホテルサンルート博多」とは…ここでAppleの地図の弱さが出てしまった

これで写真に位置情報を追加することができました

確認してみましょう

実際に位置情報が追加されたことを「写真」にて確認してみます

「撮影地」でみてみると、きちんと認識されていることがわかります

位置情報のない写真をこうやって位置情報を追加して、このように地図上で見るのもたのしいかもしれません

 

コメント