WORDPRESSでリビジョンを削除する方法(プラグインなし)

WordPress

WORDPRESSで記事を書いていると、自然とたまっていくリビジョン

僕のように記事が少ない時は大きな影響はない様だが、たまっていくとデーターベースを圧迫することになるらしい

データベースが肥大化することは、ブログの表示速度の低下につながるということなので早めに手を打つことにした

リビジョンを削除するのはプラグインを使うやり方もあるが、そのためだけにプラグインを入れるのは自分的に好ましくなかったので手動で削除することにした

手順1 phpMyAdminにログオンしデータベースを開く

私は「Xサーバー」を使っているのでそのサーバーパネルを開きます

そこでデータベースにある「phpmyadmin」に入ります

手順2 WP_POSTSからrivisionデータを削除

phpmyadminに入ると、上の図のようにツリーが出るので、「WP_POSTS」を選択します

 

画面が遷移し、写真のようになります

ここでSQL下記のようなコマンドを打ち込みます

DELETE FROM wp_posts WHERE post_type = 'revision';

その後「実行ボタン」を押して完了です

さて削除自体はこれで終了なのですが、このままではまた記事を書いているとリビジョンがたまってしまうのでこれも対処します

リビジョン数の制限

これについては「wp-config.php」を編集します

自分のWordPressをインストールしている直下にあると思います

そこの「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」よりも前に

define(‘WP_POST_REVISIONS’,1);

を入力します

最後の数字はその記事でのリビジョン数を指定しています

この例では、1としてあるので、記事に対してリビジョンは1つということになります

当然のことながら、この数字を大きくすればそれだけたくさんのリビジョンを保持することができます

/** Sets up WordPress vars and included files. */
define('WP_POST_REVISIONS',1);
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');

私は、変更履歴などを見ることがないので1しか持たないようにしています

 

これで不要なリビジョンを削除してまたリビジョンが無駄に増えることもなくなりました

最後に、SQL等を変更する時はバクアップは取っておいた方がいいですよ

私はとりませんでしたが(笑)

WordPress
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf

コメント