WWDC2020でMacのARMベースへの移行を発表か

Mac

Appleは6月22日から開催が予定されているWWDC20(World Wide Developer Conference=世界開発者会議)にてMacのARMベースのチップセットへ移行する計画を発表する可能性があると、BloombergのMark Gurman氏が伝えた

スポンサーリンク

Macの自社開発チップセット搭載への計画

MacのARMベースチップセットへの移行プロジェクト名は「Kalamata」と呼ばれており最初のARM搭載のMacは2021年登場の予定。その後順次現行の全ラインナップのMacがARMベースのチップセットへ移行するとされている。なおOSについては現行と同様にmacOSが動作する

ARMベースチップセット搭載化の理由

Appleはなぜ、ARMベースチップセット搭載へ舵を切るのだろうか

最大の理由はIntel製チップセットの開発の鈍化だろう。Macには現行Intel製チップセットを搭載しているため、製品のパフォーマンスや新製品開発はIntel社のチップセット開発の影響が少なくない。ところが近年Intel製のチップセットでは開発の遅れが度々生じておりこれがAppleのMac開発のスケジュールに多大な影響を及ぼす

そこでAppleは自社でコントロールできるように自社開発のチップセットへ舵を切ったと言えるだろう

そんな中でAppleでは現在3種類のチップセットを開発しているiPhone12に搭載される5nmベースの「A14」チップをベースに開発を進めている。CPUやGPUの他にマシーンラーニング用にニューラルエンジンも搭載しているという

またARMベースのチップセットを搭載することによってグラフィック性能の向上やAIアプリのパフォーマンスの向上がみられるという。さらに電力効率が向上され筐体の薄型化や軽量化も見込めるようだ

Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf