Apple macOS10.15.6を正式リリース ファイナルカットプロ問題が解決か

Mac

Appleは、7月16日macOSの最新版である「macOS Catalina 10.15.6」を正式にリリースした

主な変更点は、Macで動画視聴時のバッテリー駆動時間の向上させるためのオプションの追加、USB関連機器を繋いだ際の動作の安定化となっている

一部で話題になっていた2020年上位モデルのMac Book Pro13インチ版で起きたいたファイナルカット使用時おけるフリーズ問題については言及されていないが、シンスペースさんのYoutubeによると密かに改善されてようだ

macOS 10.15.6でFinal Cut Pro Xのフリーズ問題解決!2020年のMacBook Pro 13インチ(上位)とMacBook Airで動作確認!
スポンサーリンク

macOS10.15.6リリースノート

macOS Catalina 10.15.6を適用すると、Macのセキュリティおよび信頼性が向上します。

  • バッテリー駆動時間を向上させるためにHDR対応のMacノートブックでビデオストリーミングを最適化する新しいオプションを追加
  • ソフトウェア・アップデートのインストール後にコンピュータ名が変更される場合がある問題を修正
  • 特定のUSBマウスおよびUSBトラックパッドとの接続が失われる場合がある問題を解決

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。

このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT210642

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf