iPhone12 全モデル筐体デザインは共通でイメージセンサーが大型化か

iPhone

macお宝鑑定団Blogによると今秋発売予定のiPhone12だが発売を予定されている4種類のうち3種類については共通であると伝えた

筐体の厚みが7.4mm、ベゼルが2mmとなっていて、各モデルの差は背面カメラの数と底面のマイクの穴の数ということらしい

スポンサーリンク

今回の情報は中国のAppleサプライヤーメーカーからのものだと伝えれており以下のモデルの情報を確認したとのこと

  • 5.4インチモデル
  • 6.1インチモデル
  • 6.7インチモデル

5.4インチモデルと6.1インチモデルはデュアルレンズカメラを搭載していることからiPhone11の後継機に位置づけられるモデルとなる。筐体サイズは5.4インチモデルがiPhoneSEとiPhone8の中間で6.1インチモデルはiPhone11とiPhone11Proの間のようだ

6.7インチモデルはトリプルカメラを搭載しiPhone11ProMaxよりわずかに厚みが増すようだが、その理由は背面カメラのイメージセンサーが大型化することによるものだ

この背面カメラのイメージセンサーの大型化はiPhoneで撮ることのできる写真がいっそう素晴らしくなることに違いない

iPhone
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf