【レビュー】LG 27UK850-Wは僕が求める最高の4Kディスプレイだった

ガジェット

どうもみさんこんにちは、でざりゅう(@deza_ryu)です

先日購入したLGの4Kディスプレイ 27UL850ーWですが今回はレビューをしたいと思います

開封の様子はこちらをどうぞ

LG 27UL850-Wを選んだ理由

購入リストの候補

購入前の時点での候補としては、以下の候補があがっていました

・LG UltraFine 4K Display

・LG 27UK850-W

・LG 27UK650-W

どれも特徴があり、この中で非常になやみました。特にUltraFine Display以外は型落ち製品もあり非常に悩ましく考えました。

設置場所の兼ね合いからディスプレイサイズは27インチろ決めてはいました。一部のレビューなんかをみると4Kで27インチは小さい過ぎるという声もありましたが、ここはスペースの問題で少し妥協しました

LG 27UK850-Wに決定した理由

まずは、UltraFine 4K Displayですが非常に魅力的なディスプレイであります。なんといってもAppleからでているというだけでわくわくします

しかしながらこのディスプレイはRetinaには対応していない。前作の21インチもでるより解像度尾は落ちている。でありながらのあの価格では正直割高感が強すぎる

つぎに、27UK650-Wは機能的には27UL850−Wと機能面では大きく差はなかったもののUSB-Cポートが付いていない。その分価格が抑えられているのではあるがプラス約数千円でUSC-Cポートがつくならついていたほういいに決まってる

27インチで4KディスプレイそしてUSB-Cポートが付いているという僕の探している条件にマッチしたのがLG 27UL850-Wなのだ

購入にあたって懸念したこと

ここまで決めたのはいいけど、少し気になることも多少

・4Kディスプレイで27インチは小さすぎるのでは

・USB-Cでの給電は60W(MacBookProの充電器は87W)

巷で言われているように、27インチを購入したはいいけど、小さすぎて使い物にならなかったらどうしよう

USB-Cでの給電が60wなのでMacBookProを給電しながら使えるのだろうか。せっかくケーブルが少なくなると思っていても充電器が必要で無用の長物になったりしないだろうか

といったところでした

結論から言うと全然問題なし

4Kで表示すると言われるとおり文字は非常に小さかった。目はいい方なのですが流石に疲れます。でも画面の解像度をかえると問題なく使用できる。作業領域はフルHDに比べて理論上は約4倍になるけど解像度を抑えたのでそこまで広がることはないが、4Kの美しい表示は堪能することができる

もともと4Kディスプレイをほしかった理由が作業領域を広げたいではなく、文字ににじみが気になったり写真をきれいに表示したいということだったので、その点は見事に解消できたので大満足だ

ただし、作業領域を広げたいと言うことが第一の条件であれば27インチでは小さいといえる

そこは自分が何を目的で4Kディスプレイを購入したいかによると思う

USB-Cでの給電についも今のところ全く問題ない。画面の電池残量が100%を切ったことは未だにない

私の作業が、音楽を聞きながら調べ物をしたり、ブログを書くことなのでパソコンにあまり負荷をかけない作業で有ることが大きいのだろう

動画を編集して、エンコードするのであればきついかもしれないが、いまのところ純正の充電器に繋がないといけない場面には遭遇していない

LG 27UL850-Wの特徴

4Kディスプレイでの圧倒的な美しさ

LGエレクトロニクスジャパン

4K解像度を持ってしかもHDR10に対応、そのうえDisplayHDR400にも対応

最高輝度は400cd/㎡なのでコントラストの豊かな映像を楽しむことができる

残念ながらMacBookProはHDRに対応していないのでその効果を実感する場面は少ない

だがSDRの画像や映像をピクチャーも−モードを変更してHDR化することはできる

AppleTV 4KではHDRに対応しているようなのでこちらをいずれ購入してしまうかもしれない

ディスプレイはIPS液晶を採用しており視野角は広くsRGBのカバー率も99%なので写真などの色も忠実に再現してくれる

そして狭ベゼルは細くその存在を忘れてしまうぐらいだ

そのためディスプレイへの没入感がおのずと高まってくる

豊富なポート類

LGエレクトロニクスジャパン

背面ポートも実に多彩である

・USB Type-C

・DisplayPort

・HDMI入力端子 ✕2

・ USB3.0ダウンストリーム ✕2

・ヘッドホン出力端子

これらの端子が揃っている

特にUSB Type-CはPower deliveryに対応しておりで、60Wで充電し・画像出力を1本のケーブルでできるのは非常に便利だ

いまはまだUSB Type-Cを実装しているディスプレイは少ないがこれからは主流になっていくるだろう

すばやく直感的に操作できるジョイスティック

電源の入切や入力ポートの変更などの操作はディスプレイ下部にあるジョイスティックで行う

よくあるディスプレイ下部に、電源やj入力切替ボタン・音量調節ボタンがあるモデルでは誤操作をすることが多々あったがこのジョイスティックのおかげでそういった煩わしさもない

私のように頻繁に入力切替をしていると耐久性がどうかな?と気にすることはあるが当面は大丈夫だろう

LG 27UL850-Wの使用感

やはり4Kの美しさはすばらしい

普段MacBookProでRetinaディスプレイを見慣れているのでいままでのフルHDではあらが目立っていたのだがそういったこととは無縁になった

さすがに4Kで出力すると字が小さく見えなくはないが目が疲れつことがある

かく解像度での表示をサンプルでみてもらいたい

1920✕1080
2560✕1440
3008✕1692
3360✕1890
3840✕2160

様々な解像度を設定できるが今は3360✕1890で運用している

これでも作業領域はいままでより広くなり効率も上がったと思う

ケーブルの取り回しもすっきり

USB Type-Cのおかげで給電しながらディスプレイに出力っできるのでケーブルも少なくなった

いまはMacBookProにハブを直接挿しているが、今後はディスプレイのUSB3.0にハブをかまして運用することも考えたい

そうすればMacBookPro周辺のケーブルもすっきりするだろう

先にもかいたがPower deliveryは60wの出力しかないが、特に不満を感じることはない

充電はバッテリー残量は常に100%を示しており十分に給電されいることを示している

意外に便利な高さ調整

ディスプレイはピボット回転で縦に設置することも可能になっている

しかし縦にして使う場面がないので実際は使うことがない

コードを書くようなときには便利なのかもしれないが自分の使い方では必要なかった

一方で約10センチ程度の高さ調整ができるのだがこれは非常に便利が良い

長時間椅子に座っていると、椅子の角度や高さを変えたくなるもの

そんなときに高さが調整できるので常に自分にベストな視線の高さをキープすることができる

特に大きな不満はなくむしろ大満足と言ってもいいくらいのLG 27UK850-W

4Kディスプレイの購入を検討されている方にはぜひともおすすめです