Apple 「WWDC20」のスケジュールを発表 

Apple

Appleは現地6月11日、今月下旬に開催が予定されている「WWDC20」(World Wide Developer Conference=世界開発者会議)の基調講演を現地時間6月22日(月)午前10時から開催すると発表した。日本時間では6月23日(火)午前2時からとなる

スポンサーリンク

今回の「WWDC20」については初の完全オンラインオンラインで実施され、Apple Parkからライブで基調講演が配信される予定となっている

視聴については、Apple公式サイトApple Developer公式サイトApple DeveloperアプリApple TVアプリYouTubeより視聴可能となっている

今回の「WWDC20」では次期iOSを初めとした各種OSの最新情報が発表される予定だが、一部では「iMacのリニューアル」「紛失防止タグ(Air Tag)」や「オーバーイヤーヘッドフォン」などのハードウエアの発表があるのではないかといわれている

また「WWDC20」に先駆けて、Swift Student Challengeの入賞者も発表される

WWDC20のスケジュールは下記の様になっている

Platforms State of the Union

6月22日午後2時(日本時間:6月23日午前6時)

iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS すべての最新の進化を深く掘り下げます。Appleでエンジニアリングを担当するリーダーたちの声にダイレクトに耳を傾けてください。State of the Union は、Apple Developer アプリケーションと Apple Developer ウェブサイトを通じてオンデマンドにより提供される予定です。これらも、中国国内では、Tencent、iQIYI、Bilibili、Youkuを通じてオンデマンド再生できる予定です。100以上のエンジニアリングセッション

6月23日~26日(日本時間:6月24日未明~27日)

WWDC20の2日目からは、開発者が次世代のアプリケーション開発を学ぶのに欠かせない、Appleのエンジニアたちのリードによる技術とデザインにフォーカスした100以上のセッションが提供されます。セッション映像は毎日午前10時に(日本時間:6月24日以降の毎日午前2時より)公開され、iPhone、iPad、Apple TV の Apple Developer アプリケーションならびに Apple Developer ウェブサイトを通じて視聴できます。まったく新しいApple Developer フォーラム、6月18日よりデザイン一新

まったく新しくなったApple Developer フォーラムでは、開発者コミュニティとAppleのエンジニア1,000名以上をつないで、エンジニアが質問に対して回答したり、技術的なディスカッションにも対応できるようにします。WWDC20の初日より、どなたでもトピックを検索したり、フォーラム内で行われているディスカッションをフォローすることができます。なお、質問を投稿したり、Appleのエキスパートから直にアドバイスをもらえるのは、Apple Developer Program メンバーに限ります。1対1の開発者ラボ(予約制)

6月23日~26日(日本時間:6月24日未明~27日)

Appleプラットフォームの最新の進化に携わったAppleのエンジニアとの面談をリクエストし、マンツーマンの技術指導や、新機能の実装方法について詳しい説明を受けることができます。開発者ラボは Apple Developer Program メンバーであればどなたでも参加できます(定員制)。

Apple公式サイト
Apple
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf