AirTagには「CR2032」電池使用でユーザーが交換できるかも

Apple

Appleが開発中の、紛失防止タグ「Air Tag」には「CR2032」を使用しユーザーが交換できるようになっているとMacRumorsが報じている

現在ではまだプロトタイプの段階だが、「CR2032」電池を搭載し、背面のカバーを反時計回りに回すことによって取り外すことが可能となっているようだ。またその際に電池のプラスを上にして電池をセットするようになっている

スポンサーリンク

「CR2032」電池は、一般的に流通しているのでユーザーが容易に入手することができ、またユーザー自身で簡単に電池交換ができるような仕様になっているので、バッテリーの不具合で交換したりApple Storeに持ち込むようなことも不要となる

しかし一方で、Apple Watchのような充電方式を使用するとの噂もあるが、今回の情報では以前の情報を否定する形となったが、今回の情報ではプロトタイプであることを考えると商品化の際には、充電式のバッテリーを搭載する可能性が大きいと思う

Apple
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf