iOS14 ブラウザやメールのデフォルトアプリをサードパーティ製に変更可能に

Apple

Appleが「iOS14」において、ブラウザやメールのデフォルトアプリにサードパーティー製のアプリを指定することができるように検討していることがBloombergが報じている

iPhoenを使用していてもブラウザやメーラーはサードパーティー製のものを使用している人はかなり多いが現状では、ウエブサイトのリンクをタップするとブラウザとして「Safari」が起動し、メールアドレスをタップすると「メール」が立ち上がる仕様となっている

この機能が実装されるとブラウザとして「Chrome」や「Fire Fox」を指定することができ、メーラーも「Gmail」や「Spark」を使用することができる。普段からApple純正アプリを使用していない人にとっては非常に使い勝手が向上する

スポンサーリンク

この大きな仕様変更には、Appleの独占禁止法に抵触する可能性を指摘されたことを受けてのことだ

内容としては、Appleが自社の標準アプリから変更できないことは、他のサードパーティー製のアプリ開発会社を締め出す行為にあたるというものだ

この仕様変更は、いまのところブラウザとメーラーといった一部に限定されているが、iOSのみならずHomePodにもこの流れが及ぶ模様

これまでApple Musicしか使用できなったHome Podだが「Spotify」や「Amazon Music」を使用することができることになるようだ

選択肢が増えることはユーザーにとってはありがたいが、Appleとしてはかなり苦渋の決断であっただろう

Apple
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf