Apple 地図データの画像収集エリアを2020年3月以降拡大

Apple

Appleは、「Appleマップの画像収集作業について」を更新し、2020年3月以降に車両及び徒歩によるAppleマップの画像収集作業を行うエリアを公開した

データ収集については、車両や徒歩により行われ、徒歩についてはバックパックにカメラを搭載しているバックパックシステムを使用する。徒歩での画像収集は、車両の入れいないエリアでの画像を収集することにより、Look Arroundでのユーザビリティ向上につなげる

スポンサーリンク

Appleは収集データについては個人のプイバシー保護についても明言しており、車両ナンバーや個人の顔についても配慮してうえで、データの削除についても依頼ができるようにフォームを用意している

車両による新たなデータ収集は、宮城県仙台市、東京都中央区、港区、 江東区、 渋谷区、神奈川県相模原市、石川県金沢市、広島県広島市、香川県高松市、福岡県福岡市、徒歩によるデータ収集は、東京都、神奈川県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県の各県で実施される

今回は徒歩でのデータ収集エリアが一気に拡大したと言える内容となっている

Apple
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf