2019WWDCで発表された注目機能

Apple

どうもみなさんでざりゅう(@deza_ryu)です

先日行われたAppleのWWDC 2019( Worldwide Developers Conference 2019 )では、新しいmacOS「Catalina」、iOS13・iPadOSなどが発表され、ハードウエアも「MacPro」が発表されました。

macOS Catalinaの新機能

                                                引用元:Apple

まずはmacOS

今回新しく「mojave」に変わる新しいmacOSとして「Catalina」が発表されました。macOS「Catalina」では待望の新機能が追加されたので紹介したい

「Sidecar」iPadがサブディスプレイとして使用可能に

今回の一番の話題はこれだろう

一部アプリでは、iPadをサブディスプレイの様に使用することができるようになった。現状対応アプリはまだまだ少ない状況ではあるが、今後対応アプリも増えることを期待したい。

なおiPadではApple Pencilで操作することが可能のようだ

iTunesアプリが廃止、3つのアプリへ機能が分割

ながく親しまれてきたiTunesだが、アップデートを繰り返し機能が肥大化してきてきた。さまざまな機能を担ってきたが以下のアプリに機能が分割される

・ミュージックアプリ

・ポッドキャスト

・Apple TV

また今までの音源などの資産も「ミュージックアプリ」使用することが可能となっている。

iTunes Storeについては継続され、楽曲などは引き続き購入することができる

「iTunes」の大きな役割の一つに、iOS端末のバックアップ機能があったがこちらについては、「Finder」から行うことができる。完全にmacOSに吸収される形となった

スクリーンタイムへの対応

iOSではすでに対応されていたが今回、macOSでもスクリーンタイムが対応された。自分がどのアプリを頻繁に使ってい、どのような作業を行ってるか確認することが可能になった

「スクリーンタイム」で自分の作業を分析するこは作業効率の改善になるかもしれない

Voice ControlでAppleデバイスが操作可能

まさにこれぞAppleといった機能だと感じた

声によって、Mac及びiOS端末を操作することができるようになるこの機能。普段は必要性を感じないかもしれないが、すべての人にAppleデバイスを使ってもらいたい、使うことができようにしたいと本気でAppleが取組んでいるのがわかる機能となっている

Find Myにて自分のMacの所在確認が可能

あまりMacを落としたとか、盗まれたとかという話は日本国内では聞かないが、海外では珍しいことではないようだ。そのようなときに紛失したMacの所在を確認することができる

紛失しないことが先決だが有事の際には有効な機能だ

なお、このmacOS Catainaだが2012年以降のMacであれば対応が可能となっているのはありがたい

iOS13の登場と新機能

今回の発表でiPhoneにはiOS、iPadにはiPadOSが搭載されることとなった。いままでは同じiOSが搭載されていたが、今回からは別のOSが搭載されることになった。

ダークモードへの対応

macOS「mojave」で採用されていた「ダークモード」がiOSでも対応されることになった。白い背景は美しいが長時間ディスプレイを見るとなるとさすがに目が疲れることもあった。

この「ダークモード」で黒背景の白文字という美しい画面をiOS端末でも使用できるのは目に優しくうれしい限りだ

Air Podsで音楽共有が可能に

Air Podsを使うと、iPhone同志を近づけることによって端末で聞いている音楽が共有できるようになった。

iOS13については、iPhone6s及びiPhoneSE以降の端末がサポートの対象となっている

「この曲いいからちょっと聞いてみて!!」なんてことも気軽にできるのでしょうね。ただしAir Podsが必要ですが

各種動作の高速化

iOS13では、端末の各種動作が高速化された

特にFace IDの認証速度が30%高速となり各種アプリの起動も50%ほど時間が短縮された模様

アプリの容量も50%小さくなり、ダウンロード速度もそれに伴って60%向上するとか

iPadのOSがiOSから専用のOS「iPad OS」搭載

発売当初から、iPhoneとの親和性を重要視していたためiPhoneと共通のOSを使用していたiPadだが今回iPhoneとは違い専用のOSを搭載することになった。このことはAppleが考えているiPadをよりパソコンに近づけるため、コンテンツを消費する端末からコンテンツを作成する為の端末への大きな一歩といえる

ホーム画面の刷新

                                                      引用元:Apple

まず一番目にするであろうホーム画面が刷新された

特徴は、今まではスワイプしてしか表示されなかったウィジット画面が、常に左側に表示されるようになった。切り替える手間が省けるのは非常にありがたい

Slide Overaアプリの切り替え

                                                    引用元:Apple

これもなかなか便利な機能なのだが、複数のアプリをスワイプすることで切り替えることができ、また同じアプリを2つ同時にスライドオーバーで開けるようになった

他のメモを見ながら他のメモにまとめるなんて使い方ができるようなったのは非常に画期的。メモからメモへのコピペなんてできればとりあえず撮っていたメモを後でまとめる際には非常に重宝する機能であると思う

ファイル管理の強化、外部ストレージ使用が可能に

ついにiPadが外部ストレージへ対応をした

いままでも、カードリーダーで写真を読み込むことができていたが、Lightroomなど使用する際は一度「写真アプリ」に取り込む必要があったが、iPadOSでは直接写真を取り込むことができるようになった

またZIPなどの圧縮ファイルに対応しiCloud Driveを共有することが可能になっている

Apple Pencilの高速化

                                                     引用元:Apple

いままでのApple Pencilでは応答速度が20msだったのが9msといままでの半分以下になった

これは今まで以上にApple Pencilが筆記用具に近づいたと言える

またツールパレットも今までは固定されていたのだが、任意の場所に置くことができるようなった

Apple
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf