iOS14 アクセシビリティ向上と壁紙をカテゴリ別に表示へ

via 9to5MaciPhone

iOS14では、アクセシビリティが向上され、壁紙をカテゴリ別に分類できるようになり、Apple Payの機能が向上されそうだ

「重要な音」を検知してユーザーに通知するアクセシビリティ機能の追加

「iOS14」で追加されるアクセシビリティ機能は、「重要な音」(たとえばサイレン、火災報知器、ドアの呼び出し音や赤ちゃんの鳴き声など)に対して難聴者の方がそれらの音を聞き逃さないように、振動でユーザーに通知するというもの

さらに、カメラにおいてはハンドジェシチャーを検知することが可能になる。「AirPods」や「Ear Pods」においてハンドジェシチャーで音量を調整することが可能になるかもしれない

スポンサーリンク

壁紙のカテゴライズ化

「iOS14」では壁紙をカテゴリ別に表示できるようになる。「iOS13」までは「静止画」「ダイナミック」「Live」の3種類がデフォルトで用意されておりこれ以外に選択ができない

おそらくカテゴリについては何が写っているかによって自動的にカテゴライズされるだろう

この機能によって、何の写真を壁紙にしたいかを選ぶことが簡単になりそうだ

iPhone
スポンサーリンク
スポンサーリンク
でざりゅうをフォローする
Info shelf