AirPods Pro 10月30日に発売 ノイキャン対応かつ防滴仕様

AirPods

ついにAppleより29日にアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したカナル型イヤフォン「AirPods Pro」を正式に発表した

受付はすでに開始され10月30日(水)より発売となる。価格は税別27,800円

デザインはカナル型へ、IPX4に対応

「AirPods Pro」は従来の形より、形状を刷新しカナル型となった。またIPX4の基準を満たし防汗・防滴性を持ち普段使いの利便性があがった

また3種類のソフトで柔軟なシリコン製イヤーピースが同梱され、ユーザーが自分の耳の形状に応じて使用することができ最適な密閉性を保つことができる

特筆すべきは、イヤーチップが正しいサイズできちんと装着されているか確認し密閉性が保持されているか確認できる機能を備えているということだ

Introducing AirPods Pro — Apple

複数のカラバリはなし

当初のリーク情報では、カラバリが豊富にあるかもしくは、iPhone11Proとおなじカラバリになるという噂もあったが、ホワイトのみということだ。一目見た感じでは従来の「AirPods」と変わらないが、いわゆる「うどん」の部分が従来モデルより短くなっている

アクティブノイズキャンセリング機能と外音取込モード

「AirPods Pro」のアクティブノイズキャンセリング機能は、左右に内蔵されたマイクとApple独自のアルゴリズムによってリアルタイムで実施される。「アダプティブイコライゼーション」と呼ばれるその機能は常に周囲の状況に応じてノイズキャンセリングを対応させ驚くべきことにその回数は1分間に200回にものぼるという

さらに外からの音だけではなく内向きのマイクがあり内側のノイズも除去されるのだ。カナル型イヤフォンでもっとも不快に感じるあの響くような音からも開放されるのだろうか。もしそうならそれだけでも購入する価値があるというものだ

その他に最近のワイヤレスイヤフォンで採用されている、外音取込モードにも対応。本体の軸に内蔵されている感圧センサーを触ることにより切り替えが行われる。感圧センサーでは 「AirPods Pro」 を操作することもでき、曲送り・曲戻し・通話制御ができる

「AirPods2」と同じくH1チップを採用し、「Hey Siri」と呼びかけるとSiriを起動することも可能

バッテリー持ちは4.5時間、ケース併用で24時間以上使用可能

バッテリーの持ちは、5時間でノイズキャンセリングを使用しても4.5時間使用することができるほか、ケースを使用すると24時間以上使用することができる。ケース搭載の充電ポートは従来と同じくLightningポートを使用しているが、ワイヤレス充電に対応しているところもうれしい。注意したいのは同梱のケーブルはLightning to USB-Cであり、ACアダプターは同梱されていないという点だ。自分で「Satechi 75WデュアルType-Cトラベルチャージャー2」のようなサードパーティー製のACアダプターを用意しておく必要がある

最後に

イヤフォンとしては高額なAirPods Proだが、気になるところは、その性能。ノイズキャンセリングイヤフォンはBOSEやSONYといったメーカーを中心にしのぎを削っている。そのなかで後発のAppleがどこまでのノイズキャンセリング機能を持たせることができるのか。そしてその音質。音質についてはおそらくこれが正解というのがないぐらい個人の嗜好がつようものだ。万人が最高だと思うイヤフォンというのはなかなかないだろうと思う。この二つをAppleがどこまで作りこんできたのかというところに非常に興味をひかれる